雷の落雷の傾向

周辺にあるものより高いことが多い木に雷が落ちることがよくあるため、人間よりも背が高い大きな木のそばに隠れていると「安全」と思う方がいるかもしれません。 しかし、雷が落ちた周囲で起こる放電現象の“側撃雷”が木のそばに落ちる可能性があるため、雷がなっている最中に、木のそばに移動しないようにしましょう。
雷が鳴り始めたとき、もしも雷が落ちやすいい危険な場所にいたら、頑丈な建物の中に避難することが最も確実な方法です。 しかし、どうしても、安全な場所が見つからないとき、身を守る方法は、できるだけ“低い姿勢”になることです。
「雷が鳴ったら、へそを隠す」という迷信を子供のころ聞いたことがある方がいるかもしれません。 雷が鳴り、雨が降り気温が下がったとき、子供がおへそを出した格好をしていると風邪を引いてしまうこと、雷を避けるため体を丸めると、へそが隠れることに由来しています。
雷が鳴ったとき、いつも屋内にいるとは限らず、いつ、どこで雷に遭遇するかわかりません。
慌てないためにも、雷が鳴ったときの行動を覚えておきたいものです。