糖尿病網膜症の初期段階には自覚症状がないため自分で気がつくことはほぼ不可能です。

自覚症状がでたときにはすでに中期、末期になってしまっています。
自覚症状がでたとき、慌てて病院を受診してもできる治療は限られてしまっています。
特に糖尿病網膜症は完治する病気ではないため、少しでも早い段階で症状を止めることが大切です。
病院で「糖尿病」と診断を受けたら、合わせて「糖尿病網膜症」も疑ってかかってください。
視力低下、眼の違和感など自覚症状はなくても必ず眼科を受診してください。
糖尿病の人は、そのとき何もなかったとしても、その後も定期的に眼科を受診して目の健康状態に気を配っていく必要があります。
糖尿病の人は、1年に1回は眼科で網膜症の検査を受けるようにしましょう。
糖尿病の人に配布される「糖尿病連携手帳」にも糖尿病網膜症に関して記入する欄が作成されています。
糖尿病を診察する医師と眼科医が別の病院にいる場合などこの手帳を見せると情報共有しやすくて便利です。
糖尿病ではない人も、加齢に伴って目の定期的な検診をおすすめします。
見えるから大丈夫とか、視力は落ちていないと油断していると、あとから大変なことになってしまいます。
もっと早く受診していれば良かったと後悔しても遅いのです。
眼科の検査では、眼底検査を行います。
眼底検査で網膜を観察して網膜症の診断をします。
この検査で網膜症が疑われたら次に蛍光眼底撮影をします。
眼底の血管に詰まっているところや細いところがないか確認します。
また造影剤が血管から漏れていないかを見て血管の破れている箇所をチェックします。
糖尿病網膜症は初期段階を過ぎたら、治療をしても網膜を元の状態へ戻すことはほとんど無理です。
糖尿病網膜症の治療が完了した人も、血糖のコントロールには引き続き気を配って、定期的に検診を受けるようにしましょう。
血糖のコントロールが上手にできていないと再燃してしまう可能性が高いです。
さらに糖尿病網膜症には、糖尿病以外にも、「高血圧」とか「脂質性異常」の病気も関係していると言われています。
こうした生活習慣病に関しても予防していくことが大切です。
普段から過食を控えて糖分を摂りすぎないようにして、適度な運動をして、規則正しい生活を送るようにしていきましょう。
生活習慣を改善することで糖尿病も糖尿病網膜症も防ぐことができますし、すでにかかってしまった人も症状の進行を止めることができます。