アマチュアスポーツ界の独占と問題

アマチュアスポーツ界がこの頃話題になっております。日本大学のアメリカンフットボールの問題、日本アマチュアボクシング協会の問題など数々の問題が話題になっているのにここへ来て日本女子体操協会も問題になってきております。
それも朝日クラブの理事長が日本女子強化本部長を兼ねておりその強化本部長が女子選手にパワーハラスメントで自分の主催する朝日クラブへ登録するよう依頼するなどを強要したような問題になろうとしています。
これから、いろんな反論が出てくるんでしょうが、一般てきな話として、アマチュアスポーツは儲かるんですね。結局金が絡む問題なんでしょうが、アマチュアスポーツの名前が泣きますね。
これで終るんでしょうか?他のアマチュアスポーツ協会も一世に調べ直す必要があるのではないでしょうか?特に採点競技は、審判員の判定で結果が左右されるので、こんな結論が出やすいんでしょうか?
陸上では、選手の実力が一番なんで、審判の判定などとゆう不明確な方針がないので、幾らやろうとしてもどうしようもありませんね。
東京オリンピックは2回目ですが、この際採点競技を全て見直すべきではないでしょうか?よその国でもこの種の問題はあるのでしょうか?世界を検査して欲しいですね。以上